サイトトップ > サイトマップまで放置

膝の痛みに効くサプリはこれ!

膝の痛みが出る原因は?

 

膝に痛みの原因は、年齢や性別によって異なりますが、年齢を重ねてから出る痛みは、膝関節に軟骨のところに水が溜まったたり、軟骨が磨り減ったりするために起こることが多いようです。膝の痛みは、男性よりも女性の方が感じやすく、その理由には、筋肉量、運動量に佐差があるようです。女性は、男性よりも筋肉量が少なく、膝を支える力が弱いとされています。

 

また、運動量も男性より女性の方が比較的少ない場合が多いでしょう。そのため、50歳代に近づくと、膝の痛みを訴える女性が増える傾向にあります。

 

膝の痛みは、それだけではなく、運動不足、食事の偏り、体重増加、喫煙なども原因になるようです。運動不足になると、筋肉量が減るだけでなく、体重増加の原因になり、ますます膝の痛みが強くなる可能性が高まります。こうなると、膝が痛いから運動ができない、運動ができないから体重が増える、といった悪循環になります。

 

ウォーキングなどを取り入れて、膝の周りの筋肉を鍛えるのが理想ですが、すでに、膝に痛みがあってウォーキングができない場合は、水中ウォーキングがよいでしょう。水中でのウォーキングは、浮力の力で膝への負担が減るので、膝に痛みがある人でも行えます。

 

このような状況になる前に、筋肉を鍛えておくと年齢を重ねても、膝が痛くなることを予防できます。日常的に、歩くことを意識して、エスカレーターやエレベーターを使わない、一駅分は歩くなど、工夫するとよいでしょう。

 

膝の痛みを解消するには

 

膝の痛みは、日本でおよそ3000万人の患者がいると言われていますが、膝に軽い違和感を抱えている人も含めれば、もっと多い患者数になるでしょう。また、痛みが慢性化していてなかなか治らないという場合も多いようです。

 

膝の痛みがあると、歩いたり、立ったり座ったりする動作も躊躇してしまうほどかもしれません。痛みの強さは個人差がありますが、朝起き上がるときだけ、痛みを強く感じる場合や階段の上り下りがつらい、ということがあります。いずれにしても膝の痛みがあると動くのが憂うつになってしまうでしょう。

 

まず、膝の痛みを解消するためには、日常生活で痛みを軽減できることがないか、生活を見直してみましょう。例えば、立ったり座ったりするのがつらいときは、椅子に使う生活にしてみましょう。すると、膝を極端に曲げることがなくなるので、膝の痛みが緩和されます。また、膝を支える効果があるサポーターなどで、膝を守るようにするとよいでしょう。

 

そのほかには、運動不足になっていないか、体重が増えていないか振り返ってみましょう。肥満傾向にある人に、膝の痛みを訴える場合が多く、体重の重さが膝の痛みにつながっていることがあります。

 

このような場合は、体重を減らすのが解消方法になります。激しい運動は膝に負担がかかるので、食事を見直してみましょう。糖分や脂質の多い食事は避けて、低脂肪でカロリーが低い食品を選んで食べるようにしましょう。それだけでも、体重を減らすことができます。

 

目に負担をかけることで起こるかすみ目

 

仕事やゲーム、インターネットなどで長時間パソコンを使った場合に、一時的に視界がぼやけてかすんで見えるような状態になることがあります。また、パソコン以外でもスマホの画面や読書や新聞などを長時間続けた場合も同様の症状が出ることがあるかもしれません。

 

人間の体というものは、どんな器官であっても酷使するとそれだけ負担がかかり様々な症状や病気を引き起こす原因となります。冒頭のかすみ目についてもこうした症状のひとつといえるでしょう。では長時間パソコンの画面をみたり、あるいは読書を行った場合というのは目の状態はどのような状態になるのでしょうか。

 

目の内部にはものを見るためのレンズともいうべき「水晶体」がありますが、この水晶体にピントをあわせるための「毛様体筋」が常に緊張した状態になります。毛様体筋の緊張状態が続くとその部分に負担がかかり、ピント調節機能が低下します。かすみ目の原因となるのが、この毛様体筋の機能低下にあります。

 

こうしたかすみ目を解決するためにまず最初にやるべきことは、「目を休ませる」ことです。通常の場合はしばらく安静にして休憩や睡眠をとれば目の機能も少しずつ回復していきます。

 

しかし、もしも頻繁にかすみ目が起こるという場合には体の中から栄養素を目に与えることも重要となってきます。また、症状がなかなかおさまらない場合には別の病気の可能性もありますので病院で診察を受けるようにしましょう。

 

網膜剥離の原因と対策〜おすすめサプリメント〜

 

 

膝の痛みに効くグルコサミン!

膝の痛みを訴える代表的な病名は「変形性膝関節」です。この病気は、膝関節を構成している軟骨や半月板の損傷やささくれのような毛羽立ちが痛みを訴える原因です。

 

膝関節は、太ももから伸びる骨と脛に伸びる骨同士が向き合っており、骨の先端には軟骨や半月板が存在し、それぞれを守るように関節液で覆われています。軟骨や関節液の中には、グルコサミンが含まれており、骨同士がぶつかっても衝撃を和らげるために、軟骨や関節液があります。

 

グルコサミンは、膝関節だけではなく、ほかの関節や目、皮膚などにも存在しており、動きを良くしたり、保護したりしています。グルコサミンは、体内で生成される成分で、それぞれに必要な形で形成されています。しかし、20歳ごろをピークに生成される量が減っていくので、体内で必要なグルコサミンの量が不足してきます。そのため、膝の痛みを訴えるのは中高年に多いようです。年齢とともに不足しているグルコサミンは、食事やグルコサミンのサプリメントなどで補えば、軟骨の形成を助けることにつながります。

 

グルコサミンを補って、すぐに膝の痛みが改善されるわけではありませんが、継続的に摂取すれば、効果が現れるでしょう。また、場合によっては、注射でグルコサミンを注入して、膝の痛みを改善する治療をおこなうこともあります。

 

3つの神経痛について

 

神経痛には種類があり、それぞれに特徴があります。体の様々な場所に現れる神経痛を、詳しく見ていきましょう。

 

「坐骨神経痛」
腰に痛みを感じている人は結構いますよね。それは、もしかしたら坐骨神経痛鴨知れません。坐骨神経というのは、最も太い神経で腰からつま先まで走っています。とても長い末梢神経で、ここが圧迫されると腰から足にかけてしびれや痛みが生じます。それが坐骨神経痛です。

 

「肋間神経痛」
肋骨の下を通っているのが肋間神経です。肋間神経が圧迫されることで、胸や背中などの肋骨周辺、さらに体の側面に痛みが生じます。痛みは激しくて発作的なのが特徴。病気のサインかも知れないとも言われているので、注意しましょう。

 

「三叉神経痛」
顔面を走る三叉神経に異常が起こると、顔に激しい痛みが生じます。顔面の頬や顎の片側に出ることが多いとされています。持続時間は、数秒から数分といった短い時間が多いです。

 

「神経痛の原因について」
それでは、どうして神経痛が怒ってしまうのでしょうか。その原因を探ってみます。

 

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、腰椎看板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などがあります。要するに、体のゆがみによるものです。肋間神経痛も、体のゆがみが原因となっていますが、骨折等の外傷も挙げられます。三叉神経痛の場合は、ストレスや疲れが主な原因です。

 

「予防法」
これらの神経痛を予防するには、普段から正しい姿勢で過ごすことが一番です。長時間のPC作業の後にはストレッチをするなどして筋肉をほぐすのも良いでしょう。

 

神経痛に効く薬を集めました。痛みに本当に効くのはどれ?

 

猫の毛並みを良くするには?

 

猫の魅力のひとつは、ツヤのある整った毛並みにあります。触っているだけで気持ちよく、楽しい気持ちになる人も多いですよね。そういった毛並みに関わっている要因のひとつが食事です。食事から全ての体は作られていますから、当然ひとつひとつの毛も食事から作られます。

 

人間の体毛もそうですが、猫の体毛もすべてタンパク質から作られていますから、猫たちの毛並みを美しいものにしたいなら、良質なタンパク質を含むフードを与えるのが良いでしょう。猫は摂取したタンパク質の25〜30%ほどを皮膚や体毛を作るところに回していると言われています。ですから、しっかりタンパク質が無いとこれがうまくできません。

 

市販の安価なキャットフードの中には、穀物が中心になっているものがあり、これではたとえ数字上のタンパク質は賄うことができても、タンパク質の質の問題や、タンパク質の吸収率に大きな差が出ることになります。

 

タンパク質の質というのは、分解された際のアミノ酸の種類や量によって違います。タンパク質と一口に言っても、実際にはアミノ酸が複雑に結合したものであり、その組成は異なっています。それが分解されてアミノ酸となった時に、出てくるアミノ酸の中には体内では合成ができないものもあり、しっかりそういった成分も摂取するためには肉が最適なのです。

 

猫は基本的に人間の5倍くらいの割合でタンパク質が必要なので、そうそう過剰になることはありません。良質なタンパク質をたっぷり与えることは、猫の健康にとっても良いことなのです。

 

食べない猫に>>>食欲不振におすすめのキャットフードはこちら